本を読んでも何も身につかない人の3つの特徴

読んでも意味ないなんてもったいない!

古書が並ぶ本棚

 

何かに役立つと思い買った実用書などの本を読んでは見たがまったく身につかない。

その場ではモチベーションが上がったけど数日すればまた元通り。そしてまた新しい本に手を出して同じことの繰り返し。こんな負の循環にはまっている人はいないか?

自分を高めるために本を買って勉強する。ここまでは素晴らしいこと。だけどそこから1歩先に進むには本を買って読むだけではだめ。

負の循環にはまり込んでいる人の特徴を知って反面教師にしてほしい。

 

負の循環にはまる人の特徴

その1:繰り返し読まない

ある本を読んでその内容が素晴らしかったとする。だが一度呼んだだけではすぐに忘れてしまう。記憶に定着させるには何度も読み返さなくてはいけない。

勉強熱心な人ほど一冊読んだら次の本を読み、それが身についていないのにまた次の本を読んでしまう。落ち着いて一冊をじっくり読むことも必要だよ。

 

本の内容をしっかりと記憶に定着させる方法

その2:書いてあることを実践しない

いくら素晴らしいことを知識として知っていても実践しなければ意味はない。

最も大事なのは実践である。知識を得たらすぐにそれを実践する癖をつけたい。

 

その3:目的意識がない

小説を読むのであれば目的意識がなくても良い。小説の場合、読むこと自体が目的になっていても問題はない。

だが実用書などは目的意識がなければ、何も身につかずに終わる。この手の本は、読んだという事実だけで達成感や能力が向上したという感覚にとらわれやすい。

実際には具体的な目的意識を持たなければほとんど能力向上には貢献しない。目的意識を持っていれば、その目的に合致した内容に常にアンテナを張ることになる。

アンテナを張っていれば必要な情報はしっかりと頭に入ってくるものだ。

目的意識を持とう!

 

読書から何かを身につけたければ、目的意識を持って読み、繰り返し読み、実践することが大切だ。

かっこいい身体を手にする完全な方法

細マッチョになるためのロードマップを作成した。 このロードマップに沿って実行していけば誰でも細マッチョになれる! 今まで何を試しても失敗してしまった方にこそおすすめする。やり遂げれば必ず成功する方法を紹介しよう。