オリーブオイルより良い?最高のオイルはココナッツオイルだ!その驚くべき効果の数々

オイルなのに健康??

怪しむ女性

油、脂、脂肪は常に悪者にされている。

健康に悪い、心臓病になる、太るなどなど。

だがそういった文言があてはまらないオイルだってある。

それがココナッツオイルだ。

ココナッツオイルは健康に悪いどころか、むしろあなたを健康にしてくれる。

今回は、ココナッツオイルの健康効果を紹介しよう。

 

ココナッツオイルの効果の数々

ココナッツオイル

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸

ときどきココナッツオイルは飽和脂肪酸だから健康に悪いという人がいる。

動物の肉の脂は飽和脂肪酸であり健康に悪い。ココナッツオイルも同じく飽和脂肪酸だから健康に悪いというのだ。

 

だがそういう人は、飽和脂肪酸にも種類があることを知らない。

・肉の脂肪酸は、長鎖脂肪酸。これは健康に悪い。

・ココナッツオイルの脂肪酸は中鎖脂肪酸。健康に良いのだ。

 

長鎖脂肪酸は、心臓病の原因になるなど体によくない。中鎖脂肪酸は、医療現場でも使われるなど健康に良い物なのだ。

 

そして中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツなどにしか含まれていない。

中鎖脂肪酸の特徴は、エネルギーになりやすいこと。

 

トランス脂肪酸に気を付けよう

ダメ!絶対

悪者にされる飽和脂肪酸だが、良い点として安定している、という特徴がある。

他の油は安定していないために酸化しやすい。それを防ぐために大半の食用油には、水素添加がされている。

水素添加された油には、トランス脂肪酸という自然界には存在しない脂肪酸が含まれている。

マーガリンにこれが含まれているということで有名だが、食用油にもふくまれていたのだ!

トランス脂肪酸は、動脈硬化など循環器疾患に強く影響する

普段食べている油が健康を害すものだったとは恐ろしい。

精製植物油も生産の過程でトランス脂肪酸を作り出す。

だがココナッツオイルには、トランス脂肪酸はまったく入っていないので安心して欲しい。

 

効果1:血液をさらさらにしてくれる

血小板の粘性が極端に高くなると、血液の粘性も高まる。つまり血液をドロドロにしてしまう。

普通の食用油は、血小板の粘性を高める性質がある。

それに対し、ココナッツオイルは、血液をサラサラにしてくれる効果を持っている。血小板の粘性を低くするからだ。

サラサラ効果をもつ他の油は、フィッシュオイルだけだ。

 

効果2:心臓病を予防する

心臓病はなんと日本人の死因第2位。あなたも人ごとではない。

ココナッツオイルは、体脂肪を減らしたり、血液をさらさらにしたり、抗酸化物質をふやしたりしてくれる。これらが心臓病を予防してくれるのだ。

 

効果3:ダイエット効果

脂肪になりにくく、代謝を上げてくれるそれがココナッツオイル。ダイエットにも最適だ。

ココナッツオイルのダイエットについては、ココナッツオイル置き換えダイエット!あなたは楽に健康的に痩せたいですか? を参照して欲しい。

 

効果4:美肌

ココナッツには、殺菌作用があり皮膚を病気から守ってくれる。

保湿効果も抜群だ。

肌の細胞を健康に成長させてくれるので、使っている内に肌にハリがでてくる。

毎日塗り続けると良い。

 

おすすめのココナッツオイル

これだけの健康効果のあるココナッツオイル。だが正しいものを選ばなければ効果はなくなる。

それならどんなココナッツオイルを摂ればいいのか。

結論を言えばエクストラバージンココナッツオイルを摂ろう。

製法はコールドプレス法で作られているものが良い。

 

Jarrow FORMULAS 「エクストラバージンココナッツオイル」

JFのココナッツオイル

私が使っているココナッツオイル。

風味良し、味よし、価格よし。

コールドプレス法で作られているので有効成分もばっちりだ。

473gはこちら iherbへ

・946gはこちら

Nature’s Way ココナッツオイル エクストラバージン

こちらは風味が最高に良い。Jarrow Formulas製もおいしいが味だけならこちらに軍配かな。

価格は、1800円くらいなので少し高いが。価格ならJarrow Formula。味ならNarture’s Way製になる。

454g

かっこいい身体を手にする完全な方法

細マッチョになるためのロードマップを作成した。 このロードマップに沿って実行していけば誰でも細マッチョになれる! 今まで何を試しても失敗してしまった方にこそおすすめする。やり遂げれば必ず成功する方法を紹介しよう。