これであなたも暗算の達人に!インド式計算法 かけ算編

かけ算編

インド式計算法を電卓を使って検算する

前回は、足し算、引き算編であった。

今回、インド式計算法かけ算編を紹介していく。

11×11から19×19までをあっという間に計算する方法

15×13を例にやってみよう。

➀ 15と13に一の位の数を足す。→ 15 + 3 = 18

➁ 15と13の一の位同士を掛ける。→ 5 × 3 = 15

➂ 18の一の位と15の十の位を足す。実質的に18×10 + 15になる→ 180 + 15 = 195

他にも、14×19を例にやってみよう。

➀ 14 + 9 = 23

➁ 4 × 9 = 36

➂ 230 + 36 = 266

例題を出すので自分で解いてみよう。答えは、一番下にある。

1.  12×14

2. 15 × 19

3. 18 × 14

十の位が等しく一の位同士を足すと10になる数字のかけ算

この方法で52×58を計算してみよう。52と58は、十の位が5で等しく、一の位同士を足すと2+8=10になる。

➀(十の位)×(十の位+1)を計算する。→ 5 × (5+1) = 30

➁1の位の数字同士をかける。→ 2×8 =16

➂答えは、3016になる。

次に83×87を計算してみよう。

➀ 8 × (8+1) = 8 × 9 = 72

➁ 3 × 7 = 21

➂ 答えは、7221

例題

4. 43 × 47

5. 92 × 98

6. 22 × 28

11のかけ算をする方法

22×11や、56×11など「11のかけ算」を簡単に行う方法を紹介する。

22×11を計算してみる。

➀ 2□2のように(11に掛ける数字のケタ-1)個の箱を用意する。

➁ 22の十の位と1の位の数を足す。→ 2 + 2 = 4

➂□に4を入れると答え。→ 242

とても簡単である。では、56×11を計算してみる。

➀ 5□6

➁ 5+6 = 11

➂ ここで➁の計算が2ケタになってしまったので繰り上げる。つまり、5+1|1|6となる。よって答えは、616になる。

例題

7. 34 × 11

8. 68 × 11

9. 97 × 11

 

 

例題の回答

1. 168

2. 285

3. 252

4. 2021

5. 9016

6. 616

7. 374

8. 748

9. 1067

かっこいい身体を手にする完全な方法

細マッチョになるためのロードマップを作成した。 このロードマップに沿って実行していけば誰でも細マッチョになれる! 今まで何を試しても失敗してしまった方にこそおすすめする。やり遂げれば必ず成功する方法を紹介しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です