丹田呼吸法!呼吸を変えれば物事がうまくいく

丹田呼吸法は万能の呼吸法

肩が上下する呼吸を胸式呼吸、肩を上下しないでお腹が膨らむ呼吸を腹式呼吸という。緊張している時、不安を感じている時などは胸式呼吸になりがちだ。

呼吸法を普段から意識している人は少ないだろう。だが意識して行うだけで体に様々な効果をもたらす呼吸法がある。

この記事では、リラックスや不安を解消するための呼吸法、そしてスポーツを上達するための呼吸法を紹介しよう。

リラックス効果についてはよく言われているので知っている方も多いと思うが、スポーツ上達にも効果があるというのは意外ではないだろうか?

筆者もこれらのことは実践しているが効果はてきめんだ。

リラックスのための丹田呼吸法

丹田の位置

丹田の画像

出典:塚口の整体屋さん

 

まず、丹田の位置を確認しておこう。丹田はおへそから約5cm下にある。

おへそから指三本を並べた位置にある。

 

呼吸法

呼吸するときは今見た丹田の位置を意識する。

 

やり方

➀一度、口から息を吐ききる。これによって自然に息を吸いやすくなる。

➁鼻から息を吸う。その際丹田を中心にお腹を風船のように膨らませるイメージを持って行う。上手くできるとお腹がぱんぱんに張る。ただし、腹筋に力を入れて筋肉が固くなる張りとは違い、ゴムボールのような張り方をしているのが正しいやり方だ

➂息をしっかりと吸いきりお腹が膨らんだら、口からゆっくりと時間をかけて息を吐く。この時も丹田に意識を集中しよう。風船から空気が抜けていくような感覚をイメージする。

➃同じことの繰り返し

 

ポイントは、丹田への意識・お腹を膨らませる・ゆっくりと呼吸をする(特に吐く時)だ。

この呼吸法を数分間行うだけで心も体もリラックスできる。不安を感じたときにはすぐにこの呼吸法を行うと良い。

スポーツ上達のための呼吸法

スポーツ上達にも基本的にはさきほどの丹田呼吸法と同じで丹田を意識しながら呼吸する。

例えば、サッカーでボールを蹴るときに、通常であれば蹴る足に意識を向けている。丹田式のスポーツ呼吸では蹴るときでさえも足ではなく丹田に意識を向ける。

 

丹田式の呼吸法の力を体験する簡単な方法がある。サッカーボールや上に乗るには不安定な物を用意する。その上に両足でのっかる。まずは、足や上半身など体のどこかに意識を集中してみてみる。

次に、丹田に意識を集中しながら上に乗ってみよう。この二つの乗り方を比べてみれば丹田を意識した場合の方が明らかにバランスを取りやすいことに気がつくだろう。

 

このようにスポーツでは、体の中心である丹田を意識することにより身体が安定し、上達することができる。軸をぶらさないためにもこの丹田を意識することがとても重要になる。

かっこいい身体を手にする完全な方法

細マッチョになるためのロードマップを作成した。 このロードマップに沿って実行していけば誰でも細マッチョになれる! 今まで何を試しても失敗してしまった方にこそおすすめする。やり遂げれば必ず成功する方法を紹介しよう。