喉が痛いときに身近な物であっという間に治す方法

喉が痛い時にすること

風邪をひいている女性

喉の痛みは辛い。声はでないし、食べ物を飲み込むのも一苦労。症状がひどいときには、唾を飲むことすらままならないこともある。

筆者もつい先日まで喉をやられていた。そこで筆者は色々な方法を使い自分の体で実験をしてみた。どの方法が効果があるのか。どうすればこの痛みから解放されるのか。

その当時の筆者の状態は、痛すぎて唾を飲み込むのも辛い状態であった。今回は筆者に効果のあった喉の痛みを治す方法を紹介する。

塩うがい

まず効果が絶大だったのは、この塩うがいである。100mlの水(できればぬるま湯が良い)に1gの塩を混ぜうがいをする。

塩うがいは、殺菌効果が高く、その効果が長時間持続してくれる。筆者も塩うがい直後から少し痛みが減っていることに気づき、かなり楽になった。3時間おきくらいに塩うがいをしていたら一日でかなり痛みが改善された。

保湿用のマスク

マスクをすることで喉の大敵である乾燥を防いでくれる。喉が痛い時には、とにかく乾燥することを避けたい。この時期は睡眠時に暖房を入れたりして乾燥しがちなので、マスクを利用しよう。

使うのは普通のマスクでも良いのだが、下のような加湿機能のあるマスクを利用するとより効果的だ。筆者もこれを利用していた。

ネックウォーマー

人間は体温が上がると免疫力が高まる。風邪を引いた時に体温が上がるのは、ウイルスと闘うために熱を出して免疫力を高めているからだ。

喉が痛い時は喉回りを冷やしてしまうと良くない。しっかりとネックウォーマーで保温しよう。

また、マスクを長時間付けていると耳の後ろが痛くなる。ネックウォーマーを使えば、その問題が解決する。マスクの上からネックウォーマーを被れば良い。こうすれば、マスクの紐を耳にかける必要がなくなる。

はちみつショウガ湯

蜂蜜としょうがをお湯の中に入れて混ぜる。蜂蜜もショウガも殺菌効果があるので、喉にとても良い。

喉が痛くて水も飲めない状態だった筆者はある程度症状が改善してからこれを飲んでいた。

はちみつ紅茶

蜂蜜ショウガ湯は、ショウガ独特の辛みがあるので、味が少し苦手という人もいると思う。筆者も何杯か飲んだ後にはこの辛みが嫌になった。そういう人には殺菌効果も高くおいしいはちみつ紅茶をおすすめする。紅茶の中に蜂蜜を入れるだけででき、とても手軽である。

緑茶

緑茶にも殺菌効果があり、喉の痛みに効果的だ。蜂蜜紅茶は、甘みがあるので何杯も飲んでいると飽きてしまう。そんな時には、緑茶を飲むと良い。

ペラックT錠

のどの痛みに効く薬といえば、ペラックT錠だ。これを飲めば、大半の喉の痛みは治ると思う。「のどのお友」として一家に一箱そろえておくといざという時に便利だ。

筆者も固形が喉を通るようになってからはこの薬を使って治した。

 

以上が筆者の実験した喉の痛みへの対処方法である。症状が軽いときに蜂蜜ショウガ湯などであらかじめ治しておくべきだったと反省している。

改めて病気には予防が大切であると思い知らされた。

かっこいい身体を手にする完全な方法

細マッチョになるためのロードマップを作成した。 このロードマップに沿って実行していけば誰でも細マッチョになれる! 今まで何を試しても失敗してしまった方にこそおすすめする。やり遂げれば必ず成功する方法を紹介しよう。